BLOG

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアとは

腰椎椎間板ヘルニアの発症年齢は?

 

腰痛に加え片足に偏った痛みがあるのが腰椎椎間板ヘルニアの典型的な症状です。発症しやすい年齢層は10~60代までと幅広く最も多いのは若年層だが、40~50代も多い。男女比2~3対1と男性が多くみられる。若年層は完全に形成されきっていない椎間板が、スポーツなどによる負荷に耐えられず発症することが多い。中高年の場合は加齢に伴い椎間板が脆弱化しているところに日頃の運動不足による腹筋や背筋のガード機能の低下が加わって起こります。また、体重増加やおなかが突き出た前がかりの体型も発症しやすくなります。

 

神経が圧迫される

 

腰痛は二足歩行をする人類の宿命で8割の人が生涯に1度は経験するといわれ、腰椎椎間板ヘルニアは多くの人が1度は耳にしたことがあるだろう。椎間板とは、背骨と背骨の間にありクッションの役割をしている軟骨組織です。椎間板はゼラチン状の髄核と繊維輪という軟骨でくるまれたいわば「饅頭」のような構造をしている。この饅頭の餡(髄核)の部分が皮(繊維輪)を破って外に飛び出したり、饅頭全体の形がゆがむ(繊維輪組織ごと突出する)などして、腰椎にある神経を圧迫するのが腰椎椎間板ヘルニアです。

 

まずは整形外科テストで確認

 

片足の痛み、腰痛といった特徴的な症状をカウンセリングで聞き取るとともに、動作の中での痛みやしびれの有無を確認する。代表的なSLRテスト(下肢伸展挙上テスト)や前屈したときに痛みがないか、足先を上げてかかとで歩けるかなどテストをする。腰椎で枝分かれしている神経はそれぞれ足の異なる場所の感覚や運動を支配しています。足のどの部分で痛みやしびれを感じるかで、障害されている神経を推測します。最終的には整形外科でMRIなど画像検査をしヘルニアの突出場所と予測部位とが一致するか確認する。症状と画像が一致しない場合別の原因の検討が必要になる。画像上でヘルニアが確認されても無症状も場合もあるため症状の確認がとても大切です。

シェアする