BLOG

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症とはどんな症状か?

痛みやしびれがでるため、休みながらでないと歩き続けられない。腰痛に加え歩行時の症状(間欠跛行)が出るのが腰部脊柱管狭窄症です。脊柱管とは脊柱にある神経が入っている管のこと。骨、関節、椎間板、靭帯などが厚くなることで、腰椎部分の脊柱管が狭くなり、神経や神経の血管を阻害され先ほどの症状が現れる。生まれつきの場合もあるが多くは加齢変化によって生じる。50代以上の発症が中心だ。原因は脊柱管の背側にある黄色靭帯の把厚、腰椎変性すべり症、椎間板ヘルニアなどで最も多いのが黄色靭帯の把厚です。

神経障害の3つのタイプ

馬尾型

脊柱管を通る神経の束(馬尾神経)が圧迫され腰から下の神経が広く障害される。
両足、臀部、会陰部のしびれ、灼熱感、ほてりなど異常感覚、足の脱力感が現れる。
膀胱直腸障害や性機能障害が起こる場合があるが痛みはすくないことが多い。

神経根型

馬尾神経から左右に枝分かれしている細い神経の根元部分(神経根)が圧迫されているタイプ。足や臀部の痛みが特徴で椎間板ヘルニアと同様で片足に強く痛みがでることが多い。

混合型

馬尾型と神経根型が混じったタイプで5分歩くと足がしびれて歩けなくなる、足が持ち上がらなくなるといった症状でしびれ痛いと表現する人が多い。

シェアする