BLOG

脊柱管狭窄症の施術

脊柱管狭窄症

 

■こんなお悩みありませんか?

 

・腰が急に痛くなり、動けない

・腰を反らしたりできない

・座っているだけでつらい

・休み休みでないと散歩ができない

・お尻や足まで痛みやしびれが出てきた

・手術を勧められている

 

このような症状がある時はぷらもーる梅屋敷整骨院にご相談下さい!

 

■ぷらもーる梅屋敷整骨ではなぜ改善できるのか?

 

・脊柱管狭窄症とはどんな症状か?

痛みやしびれがでるため、休みながらでないと歩き続けられない。腰痛に加え歩行時の症状(間欠跛行)が出るのが腰部脊柱管狭窄症です。脊柱管とは脊柱にある神経が入っている管のこと。骨、関節、椎間板、靭帯などが厚くなることで、腰椎部分の脊柱管が狭くなり、神経や神経の血管を阻害され先ほどの症状が現れる。生まれつきの場合もあるが多くは加齢変化によって生じる。50代以上の発症が中心だ。原因は脊柱管の背側にある黄色靭帯の把厚、腰椎変性すべり症、椎間板ヘルニアなどで最も多いのが黄色靭帯の把厚です。

 

・手術はしたくない

他で治療やリハビリをしていても「痛みが変わらない」「長時間歩くのが辛い」とのお声も多く聞きます。最終的には手術を勧められることがほとんどです。

 

・ぷらもーる梅屋敷整骨院での施術方法

手術の前に一度ぷらもーる梅屋敷整骨院にご相談下さい。関節の可動域改善や、骨盤の歪みの改善をさせ腰痛のない身体つくりを目指します。。施術はバキバキ・ボキボキするような整体ではなく、筋肉や筋膜に優しくアプローチしていきます。気持ちいい施術なので、リラックスして受けていただけます。

 

痛み止めや湿布、手術が嫌、電気治療やマッサージだけでは治らなかった方も多数お見えになっています。脊柱管狭窄症を改善したい方は、一度ぷらもーる梅屋敷整骨院にご相談下さい。

シェアする