BLOG

整体 仙骨、寛骨編

整体 仙骨編

 

整体コースの目的は脊柱と骨盤を安定させることがです。

 

5つの仙椎と付属する肋骨片等が癒合したもので骨盤の後壁となる。上端が底辺となる三角形で、幅と厚さは下方へ行くに従い小さくなり、全体で1つの後弯をつくる。

 

・上面から見ると第1仙椎の椎体上面である、仙骨底がありその前縁は前方へ張り出し岬角を形成する。また、背側には椎孔にあたる仙骨管の上口がみえる。その両側は浅い上椎切痕を隔てて上関節突起があり関節面は後内方へ向かう。

・前面は平滑な凹面で4本の横線があり、その両端に全仙骨孔がある。これは仙椎椎体の癒合の境と椎間孔の前方の出口で、仙骨神経前枝の出口である。

・後面は不平坦な凸面で、縦に5本の高まりがある。中央から正中仙骨稜ー棘突起、中間仙骨量稜ー関節突起、外側仙骨稜ー横突起、にあたり中間仙骨稜の外側は後仙骨孔が位置する。下端は仙骨尖と呼ぶ。

・側面上部には腸骨と連携する耳状面があり、耳状面の後縁には腸骨と仙骨を結ぶ靭帯が付着する仙骨粗面がある。

 

整体 寛骨

 

整体コースの目的は脊柱と骨盤を安定させることがです。

 

上方の腸骨、後下方の坐骨、前下方の恥骨が癒合したもの。左右の寛骨は、腸骨の後部で仙骨と結合し(仙腸関節)恥骨の前端で恥骨円板を介し結合する。(恥骨結合)ことで骨盤をつくる。寛骨の外面中央には、大腿骨と股関節をつくる、丸く深い寛骨臼があり、3つの骨の結合するところでもある。内面には仙骨の耳状面に対する同型の耳状面があり、その後方にはやはり靭帯が不着する腸骨粗面がある。上縁は腸骨稜と呼ばれる長く厚い縁で、上方へ張り出す弧を描く。腸骨稜の前端は上前腸骨棘、後端は上後腸骨棘である。

シェアする