BLOG

整骨院での腰部の疾患

整骨院での腰部の疾患

 

腰椎椎間板ヘルニア

整骨院では腰椎椎間板ヘルニアと診断を受けた患者さんもいらっしゃいます。腰椎椎間板の脱出により、腰痛、坐骨神経痛などを生じる疾患である。椎間板は、加齢により含水量が減少するとともに、コラーゲン量が増加するという生理的変性を生じる。ヘルニアはこの退行変性の過程で、線維輪の抵抗が弱くなったり、強い外力がかかったりすることで発生する。含有量が多い10代20代ではスポーツなどの力学的負荷が原因となって発生することも多い。脱出や突出は後縦靭帯線維の最も弱い後側方に生じることが多く、神経根が侵害されると、腰痛や坐骨神経痛を生じる。年齢は20代30代40代に多く、次いで10代50代60代に多い。好発高位はL4/5椎間板、次いでL5/S1椎間板に多い。神経根障害は、ヘルニアの1つ下の椎間孔から出る神経に生じることが多い。脱出したヘルニアは、やがて縮小、退縮して自然治癒することもある。進行すると、線維輪が膨隆し椎間板の高さが減ることで椎間孔が狭くなる。

 

筋・筋膜性腰痛

整骨院では筋・筋膜性腰痛の症状をした患者さんもいらっしゃいます。筋・筋膜性腰痛は、腰を支える筋肉や靭帯などが炎症を起こした結果起こる腰痛症で、急性や慢性の腰痛で、神経症状がない場合や画像検査で原因が見つからない場合に診断されることが多い。関係する筋肉は、腰方形筋、大腰筋、腸骨筋、脊柱起立筋などがあげられる。

 

脊柱管狭窄症

整骨院では脊柱管狭窄症と診断を受けた患者さんもいらっしゃいます。脊柱管周辺の骨や軟部組織の肥厚によって脊柱管が狭くなり、脊髄や馬尾神経の圧迫症状を呈するものをいう。中年過ぎの男性に多い。腰痛があり、動作により増強し、安静により軽減する。歩行時の疼痛では、歩行を中止してかがみこんだり、前かがみで休んだりすることで軽減する。これは脊柱管狭窄症の代表的な症状で間欠性跛行という。

 

脊柱分離症

整骨院では脊柱分離症と診断を受けた患者さんもいらっしゃいます。腰椎椎弓を構成する上下関節突起の間の関節突起間の連続性が断たれた状態で、90%以上がL5で発生する。日本人では約6%にみられる。以前は先天性な要因が考えられていたが、スポーツ選手に多く、胎児や生まれつき寝たきりの人に見られないことや、速やかに保存的治療を行えば癒合することから、疲労骨折だとわかってきた。ほとんどが10代で起こり20歳を超えてからはみられない。症状がなければ運動を禁止する必要はない。椎間関節の両側分離が約80%、片側分離が約20%あり、両側分離の場合は分離すべり症への移行に注意が必要です。

 

脊柱すべり症

整骨院では脊柱すべり症と診断を受けた患者さんもいらっしゃいます。下位腰椎の1個あるいは数個が前方へすべり出す疾患です。すべりのある椎体後下縁が、4等分した下位椎体上縁のどこに位置するか1度から4度に分類される。先天性のものと後天性のものがあり、先天性な関節形成不全では予後が悪く、進行性の高度なすべり症となる。脊椎分離を伴わない変性すべり症は40歳以上の女性に多く、椎間板や椎間関節の退行変性による。好発部位はL4である。脊柱管狭窄症の代表的な原因疾患の一つで、馬尾神経や神経根が障害されることが多い。

 

脊椎分離すべり症

整骨院では脊柱分離すべり症と診断を受けた患者さんもいらっしゃいます。脊椎分離症にすべりを伴っている状態のため、無分離すべりより高度なすべりがみられる。程度によっては腰部の棘突起に階段状変形が見られる。10代までの発生では、骨の発育過程で成長軟骨板がすべるため、骨の成長が終わった20代ではこのタイプは発生しない。20代以降での発生は椎間板の変性による。無症状のものもあるが、下肢に神経症状を呈する場合もある。基本的には生活指導や運動療法が行われるが、程度によっては手術療法も選択される。

 

坐骨神経痛

整骨院では坐骨神経痛の症状の患者さんもいらっしっゃいます。坐骨神経およびその分枝に相当して疼痛を生じる症状名で、腰椎椎間板ヘルニア、変形性腰椎症、腰椎すべり症、腰椎カリエスなどによるものが多いが、ハムストリングスや殿筋の症状であることも多いと考えられる。徒手検査法で原因の鑑別が必要。

 

ギックリ腰

整骨院ではギックリ腰の患者さんもいらっしっゃいます。いわゆる急性腰痛をさし、不意の動作、特に重量物を持ち上げる際での発症が多い。瞬間的に痛みが出るものや、数時間の間に徐々に疼痛が強くなるものもある。背筋の緊張を生じて腰部が平坦にとなり運動が制限される。数日ないし2~3週間で軽快するものが多いが、再発も多い。筋・筋膜性腰痛や椎間関節捻挫などが原因としてあげられるが、急性の椎間板ヘルニアであることもある。

シェアする