BLOG

ランナー膝・ジャンパー膝でお悩みの方へ

ランナー膝・ジャンパー膝でお悩みの方はぷらもーる梅屋敷整骨院

 

■こんな症状はありませんか。

 

・走るとお皿の周辺が痛い

・最近練習がハードである

・ジャンプが多い競技をしている

・膝を曲げる体操が苦手だ

・痛みで走れなくなってきた

 

このような症状がある時はぷらもーる梅屋敷整骨院にご相談下さい!

 

■ぷらもーる梅屋敷整骨院ではなぜ改善できるのか?

 

・ランナー膝・ジャンパー膝とは?

 

ランナー膝・ジャンパー膝は、走る動作の多いスポーツ選手が悩まされる慢性の痛みです。膝蓋骨と膝蓋腱や大腿四頭筋が連結している部分に炎症を起こすことで、膝蓋骨の周りに痛みが発生します。オスグッド病もよく似た症状ですが、オスグッド病は膝蓋骨の下3~4cmに痛みがあるのが特徴で、成長期特有の障害ですので、小学校高学年~中学生に最も多くみられる。

 

・他に通っても良くならない理由

 

大腿四頭筋という太ももの前面にある筋肉があります。ジャンプをする際、予備動作として膝を曲げて体を沈み込ませます。そのとき大腿四頭筋と膝蓋腱はグーッと引き伸ばされます。着地時には、着地衝撃も加わって、体を沈み込ませた時よりもさらに激しく急激に引き伸ばされます。このような負荷を繰り返していると骨と靭帯や腱の付着部で炎症を起こし、痛みが生じます。ランニングの際も同じことがいえます。ランナー膝・ジャンパー膝は「体の柔軟性」や「体の使い方」が原因であることが多いため、原因を特定するにはレントゲンなどの画像診断だけでは足りません。さらに痛み止めの薬も痛みの原因を無くさないとランナー膝・ジャンパー膝はいつまでも続きます。また、マッサージに通う方もいるかもしれません。しかし、痛い箇所を揉めば、一時的に痛みが取れるかもしれませんが、原因の解決にならなければ、すぐに痛みは復活します。

 

・ぷらもーる梅屋敷整骨院でのランナー膝・ジャンパー膝の施術方法

 

当院ではランナー膝・ジャンパー膝で痛みが強い場合は物理療法やアイシングでまず炎症症状を緩和させ、テーピングで患部を安静固定します。炎症症状が落ち着き痛みが緩和してきたら全身の可動域改善や、骨盤の歪みの改善をさせ痛みのない身体づくりを目指します。施術はバキバキ・ボキボキするような整体ではなく、筋肉や筋膜に優しくアプローチしていきます。気持ちいい施術なので、リラックスして受けていただけます。

 

痛み止めや湿布が嫌、電気治療やマッサージだけでは治らなかった方も多数お見えになっています。ランナー膝・ジャンパー膝を根本的に改善したい方は、一度ぷらもーる梅屋敷整骨院にご相談下さい。

シェアする