BLOG

腱鞘炎

腱鞘炎

 

腱鞘の位置はいくつかあるが、腱鞘炎を引き起こすのは、指の付け根の下あたりにある腱鞘と手首の親指側にある腱鞘で、指の付け根は「ばね指」手首の親指側は「ドケルバン病」という。ともに主な症状は痛みで指を動かした時や重いものを持った時など指に負担がかかった時に痛む。軽い場合は安静にしていれば治まるが重度の場合は安静にしても痛みが治まりません。また炎症があると腱鞘のある場所を押すと痛むこともあります。

 

ばね指

 痛み以外は指を動かすと引っかかるような感じや、進行すると指の曲げ伸ばしがスムーズに出来ず曲げた指を無理に伸ばそうとすると「ピンッ」とばねが弾けるような動きをするばね現象が起こる。親指、薬指、中指が多い。

 

ドケルバン病

 手首の親指側にある腱鞘は短母指伸筋と長母指外転筋という2本の腱が通っている。短母指伸筋は親指を伸ばし、長母指外転筋は母指を広げる働きをしていて、腱鞘炎は主に短母指伸筋で起こる。

 

パソコンの使い過ぎに注意

 指を伸ばしたり曲げたりする動きは手指の腱が骨と筋肉をつなぎ、筋肉の力を指に伝える働きをすることによりスムーズに行えるようになっている。腱は手首より少し上(腕側)から始まり手のひらを通って指にまで伸びている。腱が浮き上がらないように押さえているのが腱鞘だ。腱鞘は腱を包むトンネルのようになっていて、指を動かすときに、腱は腱鞘の中を行き来する。何も問題がなければ、その行き来はスムーズだが何らかの要因で負荷がかかると、腱と腱鞘がこすれあい、炎症を起こしてしまいこれが腱鞘炎になる。進行すると腱鞘が肥厚したり腱の表面が傷んだりしていっそう腱が腱鞘の中を通りにくくなり症状が重くなる。ばね指もドケルバン病も発症の主な原因は指の使い過ぎでパソコンの操作、書き物、手芸、家事、重いものを持つなど、指を使う仕事を長時間、十分な休みを取らず続けるなどしていると発症しやすくなる。男性よりも女性に発症しやすく妊娠中や出産後、更年期の女性に多い。ホルモンバランスが崩れると何らかの影響があるようだ。また糖尿病の人が発症するケースも多く高血糖が発症の誘因になることもある。腱鞘炎を予防するには痛みがある時は我慢して作業を続けず患部を冷やし休む事も大切だ。しかし手指は日常生活で何気なく使う部分で酷使している自覚がないのに発症する人も多いです。

もしこのような症状がある場合は当院までご相談下さい。

シェアする