BLOG

変形性膝関節症

膝痛の痛み

起床時や立ち上がった時膝に違和感がある、歩き始めや階段を昇り降りするときに膝が痛い、正座やしゃがむ動作が苦痛など、膝の痛みを訴える女性は多いです。40歳以上の女性は5人に1人、60歳以上になると4割以上がこの悩みに悩んでいるというデータもあります。膝が痛む原因の多くは「変形性膝関節症」によるものです。膝の関節でクッションの役割である軟骨が、加齢によってすり減り、関節の炎症や変形から起こる痛みです。

 

肥満やO脚が原因

関節を長年使い続ければ軟骨もすり減ります。加齢が膝痛の原因の一要因といえるが、それだけでなく肥満やO脚の人も要注意です。歩行時、膝関節には体重の2~3倍の負担がかかるため、肥満の人はそれだけ膝の負担も大きくなります。またO脚の人は膝関節の内側に負担が集中するため、内側の関節軟骨がすり減って痛みを起こしやすいです。

 

膝の痛みは初期の予防が大切

すり減った軟骨は、残念ながら完全には元に戻りません。しかし、適度な運動をすることで、痛みを軽減させ、進行を遅らせることが可能です。まずストレッチや軽い運動で膝関節を支える筋肉を鍛えること。弱まった筋肉が強くなれば膝が安定し、関節にかかる負担も減ります。また運動することで、軟骨を作り出す「軟骨細胞」が活性化して軟骨の減少を防いでくれます。

膝が痛いと安静にしがちだが、あまり安静にし過ぎも悪化を招く要因になります。軟骨を作る軟骨細胞は血管が通ってないため、運動などの刺激によって酸素や栄養受け取っています。安静にすればするほど栄養が受け取れなくなり、さらに痛みが強まる悪循環になることも。

ただし痛みが強い場合は無理はできません。痛みをガマンしてまで動かすとまた悪化することもあります。自己判断では難しいところです。対処法がわからない時や痛みが強いときなどはお早めにご相談下さい。

シェアする