BLOG

変形性膝関節症

変形性膝関節症はどんな症状か

 加齢に伴って増え、4対1くらいで女性に多く見られる。初期段階ではイスから立ち上がる時、歩き始めの痛みが伴う程で、進行すると階段の昇り降りが辛くなり、正座のような深く膝を曲げることができなくなる。さらに進行すると安静にしていても、痛みが続き歩くのが困難になってくる。膝が変形して日本人の場合はO脚になるのも特徴(まれにX脚)進行すると変形が目立ち膝を曲げるだけでなくピンと伸ばすことも困難になる。膝に水がたまって腫れることも少なくない。痛みの症状は人それぞれで変形が進んでいても痛みを感じない人もいるが強い痛みを伴う人もいる。

 

原因は

 膝関節は大腿骨と脛骨をつなぐ関節である。骨同士がぶつからないように関節軟骨が骨の表面を覆い、膝のかかる衝撃を受け止めるクッションの役割をしている。この関節軟骨が変形したりすり減ったりすると、関節をつなぐ骨同士がぶつかり膝の曲げ伸ばしが困難になり痛みが生じる。最も大きな原因は関節軟骨の老化だ。また若いころに骨折や靭帯損傷、半月板損傷などの外傷や化膿性関節炎などを起こしていると後遺症として発症しやすい。半月板は大腿骨と脛骨の間にある軟骨で上からみると半月状になっている。スポーツで激しい動きの繰り返しで損傷されるスポーツ外傷のほか加齢によって半月板の軟骨がもろく変性して損傷する。肥満も膝に大きな負担がかかるので損傷の原因になる。

 

予防法

 変形性膝関節症は日常生活である程度予防できる。予防で欠かせないのは運動だ。膝関節の負担を軽くするために特に太ももの前の筋肉である大腿四頭筋を鍛えたい。また肥満の人は膝にかかる負担を減らすために減量が必要だ。そのためにも運動は必要だ。運動の種類はウォーキングなど軽い運動が望ましい。痛みがすでにある場合は、治療をしながら座った状態でのストレッチ、膝に負担がかからない水中ウォーキングが適している。膝に痛みがある場合、膝の摩擦を減らすために正座は避けイスを使う。またクーラーで冷やさない。温めて血行をよくすることが大切だ。

シェアする