BLOG

整体 胸椎、腰椎編

整体ー胸椎編

 

整体コースの目的は脊柱と骨盤を安定させることがです。

 

胸椎は椎骨一般の形状とほぼ一致するが、肋骨と連結する関節面を持つ。

 

椎 体:前後径が長く前方がやや尖ったハート型。第2~第9胸椎の側面後部には、上下両端に半円形の上肋骨窩、及び下肋骨窩があり、隣り合いう椎体の上下のものが合して一つの肋骨頭に対る。第1胸椎では、上肋骨窩が完全な円、第11.12胸椎は椎体中央部に完全な円、第10胸椎は上縁に半円の上肋骨窩のみを持つ。

横突起:後外側に大きく張り出し第1~第10胸椎では、外側端の前面に円形の横突肋骨窩を持つが第11.12胸椎の横突起は比較的小さい横突肋骨窩も存在しない。

棘突起:長く後方下に突出する。その傾斜は第8胸椎付近が最高でその前後は次第に頸椎、腰椎に似てくる。

関節突起:上関節突起は高く突出し、関節面は後方やや外方へ向かう。下関節突起は後方へ偏し、関節面は前方やや内方へ向かう。第12胸椎の下関節突起は腰椎様の形状をしている。

 

整体ー腰椎編

 

整体コースの目的は脊柱と骨盤を安定させることがです。

 

大きく頑丈であり、肋骨が癒合した肋骨突起をもつ。

 

椎 体:椎体中最大で、上下より見て横に広い楕円で、かつ後部中央がやや凹んで空豆様の形状をしている。第5腰椎では前面が厚く後面が薄い楔形である。

横突起:短く後面に向かい上関節突起の外側に癒合し独立した突起とはならず、その先端の一部は乳様突起となり、下部は棘状の小さな副突起をつくる。副突起のすぐ下から側方に長く突出する扁平な突起は、肋骨が癒合した肋骨突起ある。

棘突起:上下幅の大きな四角板状の突出で、先端は丸みを帯びている。ほぼ水平に後方へ向かう。L5は小さい。

関節突起:上下ともに大きい。垂直な突出で外側部が後方へ弯曲している。上関節面は弯曲の内側に、下関節面は外側に位置するため上位の椎体の関節突起は下位の椎体の関節突起の内側にはまり込む形になる。

シェアする